WEBデザイン

WEBデザイナーを辞めたいと感じる理由5選【対処法も解説】

ウェブデザイン
憧れだったWEBデザイナーに慣れたのに、辞めたいって感じるのはなんでだろう?

対処法が知りたい!!

 

このようなお悩みにお答えしていきます。

 

現在、仕事が忙しい人の中で、WEBデザイナーのような自由な働き方に憧れている人は多いでしょう。

 

しかし、WEBデザイナーになったとしても必ず自由な働き方をできるわけではなく、辞めたいと感じている人も多いというのが現実です。

 

そこで本記事では、WEBデザイナーを辞めたいと感じる理由やWEBデザイナーを辞めたいと感じた時の対処法について、何人ものWEBデザイナーの指導を行なってきた私が徹底解説します。

 

現在WEBデザイナーとして活動されている方はもちろんですが、これからWEBデザイナーになりたいと思っている方も是非参考にして下さい。

 

WEBデザイナーを辞めたいと感じる理由5選

 

WEBデザイナーの中には、辞めたいと感じている人も多いため、WEBデザイナーを辞めたいと感じる理由は大きく分けると5つあります。

 

給料が低い

 

WEBデザイナーの給料はそこまで高くなく、残業も多いため、仕事量と給料が見合っていないと感じる人も多いです。

 

また、デザインの業界は、日々新しい技術を取り入れていく必要があるため、仕事が終わったとしても、デザインについて勉強する時間を取らなければいけません。

 

時給換算してしまうと、1,000円を切っていることも多いため、バイトの方が時給が高い...なんていうこともあります。

 

労働時間が長い

 

WEBデザイナーは残業時間が長く、定時で帰れることが少ないため、ブラックな働き方になりやすいです。

 

WEB系の仕事は、案件を終わらせることで収入を得るため自由な働き方と思われがちですが、案件を終わらせる必要があるため、結果的に普通に働くよりも仕事時間が長くなってしまいます。

 

労働時間が長いとプライベートの時間を取ることができないため、特に正社員としてWEBデザイナーになりたいと考えている方や自由な働き方を求めている人は注意しましょう。

 

一時期と比べるとニーズが減っている

 

WEBデザイナーの仕事は一時期と比べるとニーズが減ってきているため、スキルがなければ稼げない職業になってきています。

 

在宅勤務が注目されるようになってきた頃からWEBデザイナーに憧れる人が増え、多くの人がWEBデザイナーを目指すようになった為、他の人と差別化できなければ給料を上げることや仕事をもらうことが難しくなってきました。

 

ただこれを聞くと、WEBデザイナーを目指している方の中には、今からWEBデザイナーを目指すと元々WEBデザイナーとして働いているスキルが高い人たちに負けてしまうのでは?と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、仕事は沢山ありWEBデザイナーが足りないという企業が多い為、今からWEBデザイナーになろうと勉強を始めても全く遅くはありません。

 

むしろ、他のWEBデザイナーよりデザインツールを扱うスキルが高かったりマーケティングに詳しかったりすると、他の企業やフリーランスの方から制作パートナーになってほしいと頼まれたり、仕事を高単価でお願いされたりすることもよくあります。

 

差別化できると仕事に困ることはなくなりかつ案件の高い仕事を受けられるので、今WEBデザイナーを目指している方は迷わずスキルを磨いていきましょう◎

 

様々なスキルが必要

 

WEBデザイナーには様々なスキルが求められるため、WEBデザイナーとして生活していくためには、かなりのスキルが必要になります。

 

WEBデザイナーに必要な様々なスキルを身につけるためには、仕事時間外で勉強する必要も出てくることもあります。

 

勉強することが嫌だと思ってしまう方にとっては、つらいと感じるかもしれません。

 

また、WEB業界は新しい技術が次々と誕生するので、多くのスキルを身につけたとしても常に新しい技術に追いつく為勉強をし続ける必要があります。

 

クライアントに無理に要求される

 

WEBデザイナーはクライアントから案件をいただくことでお金を稼ぐことができますが、中にはクライアントに無理を要求され疲弊するというケースもあります。

 

もちろん、全てのクライアントが無理を言ってくるわけではありませんが、中には短納期、低単価で発注してくる方もいます。

 

無理に応えようとして睡眠時間が少なくなることもあり、辛いと感じるWEBデザイナーもいるのは事実です。

 

WEBデザイナーを辞めたいと感じた時の対処法

 

WEBデザイナーを辞めたいと感じている人は多いですが、どのような対処をするべきなのか悩んでいる人は多いです。

 

そこで、WEBデザイナーを辞めたいと感じた時の対処法について解説します。

 

新しい業界に転職する

 

無理にWEBデザイナーにこだわる必要はなく、楽しくないと感じるのであれば、新しい業界に転職することも一つの手段です。

 

デザイン関連の仕事はWEBデザイナー以外にも多くあるため、視野を広げて自分のしたいことを見つけてみましょう。

 

他の業界でWEB業界で培ったスキルが役に立つこともあります。

 

職場を変えてみる

 

職場を変えてみるのも一つの手段であり、会社を変えることで、比較的楽に働くことができる可能性もあります。

 

職場を変えたいと思っている人は、今の会社の不満点を明確にして次の会社選びでは失敗しないようにしましょう。

 

 

独立に挑戦する

 

会社を変えるだけでなく、独立してみるということも一つの手段です。

 

フリーランスとして独立をすると収入を上げることも可能です。

 

注意点として、独立すると自分で仕事を取流必要がある為スキルがなければ稼ぐことができません。

 

フリーランスとして生きていくためにはある程度のスキルが必要ですが、余裕ができると仕事を選別できるようになるため、会社員のWEBデザイナーと比較すると自由な生活を手に入れることもできます。

 

まとめ

 

本記事では、WEBデザイナーを辞めたいと感じる理由やWEBデザイナーを辞めたいと感じた時の対処法などについて徹底解説しました。

 

WEBデザイナーの働き方というと場所を選ばず働ける自由なイメージがある方もいますが、実際には完全に自由というわけではありません。

 

実際に仕事をしていると、他のデザイナーとスキルを比べて落ち込んだり残業が多くて辛かったりすることもあります。

 

もし仕事が辛いと感じたときは、一旦何が辛いのか考えてみましょう。

 

辛い原因が職場なら無理に長居する必要はありませんし、独立するのも良いでしょう。

 

デザインの仕事自体が辛いと感じたら、自分にぴったりな他の仕事を見つけるチャンスと思って、情報収集から始めるのもおすすめですよ。

 

まずは少しずつ、行動してみましょう!

 

スポンサーリンク

-WEBデザイン