WEBデザイン

WEBデザイナーの就職は厳しい?【難しいけど可能です】

ウェブデザイン
WEBデザイナーとして働きたいのに就職が厳しいって聞いたけど本当?

理由が知りたいです。

 

WEBデザイナーは人気のある仕事なので、これからWebデザイナーとして就職しようと考えている人は多いでしょう。

 

しかしながら、WEBデザイナーとして就職することが最近難しくなってきているため、就職できない可能性もあります。

 

そこで本記事では、Webデザイナーの就職が厳しい理由やWebデザイナーに就職する方法、Webデザイナーへの就職が難しい場合の対処法について徹底解説しました。

 

WEBデザイナーとして就職したいと考えている人は是非参考にして下さい。

 

 Webデザイナーの就職が厳しい理由

 

Webデザイナーになりたいという人は多いですが、実は、Webデザイナーは就職することが難しいです。

 

そこで、Webデザイナーの就職が厳しい理由について解説しました。

 

参入障壁が低い

 

最近では、Web系の働き方に憧れている人が多く、誰でも気軽に勉強することができるため、参入障壁が低くなってきています。

 

そのため、Webデザイナーが増えてきており、周りと差別化できるようなスキルを持った人でないと、厳しい世界です。

 

Webデザイナーになる理由が自由な働き方で、楽そうだという人は、Webデザイナーにならない方が良いでしょう。

 

経験者が募集されている

 

Web業界は、人が足りていないため、初心者でも就職できるというイメージがありますが、今は人が増えてきているため、経験者でないと就職することは難しいです。

 

新卒の方でも、スキルを求められることが多いため、大学時代などにWebデザインの勉強をする必要があります。

 

経験者でない方は、スクールなどに通って、最低限のスキルを身につけた方が良いでしょう。

 

フリーランスへ外注する企業も多い

 

最近では、企業に依頼せず、フリーランスとして働いているWebデザイナーに外注する企業も増えてきているため、Webデザインを行っている会社のニーズが減ってきています。

 

そのため、企業が未経験者を雇う余裕がなく、即戦力になる経験者を求めていることが多いです。

 

フリーランスWebデザイナーの需要が高まってきているため、Webデザイナーとして就職することは難しくなっています。

 

Webデザイナーに就職する方法

 

就職することが難しくなってきているWebデザイン業界ですが、就職する方法もあります。

 

そこで、Webデザイナーに就職する方法について解説します。

 

実力を身に付ける

 

Webデザイナーを求めている会社は、即戦力になる人材を必要としているため、Webデザイナーとして実力を身につける必要があります。

 

Web系の会社は学歴をあまり重視しないため、Webデザインのスキルがあれば、就職することが可能です。

 

Webデザイナーになりたいと思っている人は、できるだけスキルを身につけた状態で、就職活動を行うようにしましょう。

 

対応できる業務の幅を広げる

 

Webデザイナーとして必要なスキルは様々であるため、様々な業務に対応できるスキルが必要になります。

 

また、日々新しい技術が出てくるため、常に勉強をして流行のデザインなどについていけるようにしておきましょう。

 

未経験歓迎の企業を探す

 

基本的に経験者を求めている企業が多いですが、未経験者でも歓迎している企業があるため探してみましょう。

 

新卒の方は育成することができるため未経験者でも採用してもらえる可能性がありますが、転職をする方は難しいでしょう。

 

 

Webデザイナーへの就職が難しい場合は?

 

Webデザイナーへの就職が難しい場合は、どのような対処をすれば良いのか悩んでいる人は多いでしょう。

 

そこで、Webデザイナーへの就職が難しい場合の対処法について解説します。

 

 

フリーランスになる

 

Webデザイナーとして就職が難しい場合には、フリーランスとして働くという選択肢があります。

 

しかしながら、フリーランスとして生活していくためにはスキルが必要となるため、未経験者がいきなりフリーランスとして働くのは難しいというのが現実です。

 

いきなりフリーランスにはならずに、まずはアルバイトから始めてみたりクラウドソーシングサービスを使って実績を作るところから始めましょう。

 

 

 

就職先を少し変える

 

どうしてもWebデザイナーとして働きたいという人は別ですが、Webデザイナーになりたい理由が自由に働きたいといったような理由であればWebデザイナーにこだわる必要はありません。

 

Webデザイナー以外にも、自由な働き方ができる職業は多くある為、あなたに合った仕事を見つけるようにしましょう。

 

デザインに関するお仕事がしたいという場合は、Webデザイナー以外に名詞やチラシといった紙媒体のデザインのお仕事もおすすめですよ。

 

まとめ

 

本記事では、Webデザイナーの就職が厳しい理由やWebデザイナーに就職する方法、Webデザイナーへの就職が難しい場合の対処法について徹底解説しました。

 

Webデザイナーは自由に働きやすいと思われることも多くWebデザイナーになりたいという人は増えているのですが、実は就職することは難しいです。

 

ただ、WEBデザインをやりたいという場合は就職にこだわる必要はありません。

 

フリーランスWEBデザイナーとして働くという手もあります。

 

未経験だといきなりフリーランスは難しいですが、5件ほど自分で案件をこなせば十分案件は取れるようになります。

 

まずは、ココナラやランサーズのようなクラウドソーシングサービスを使って案件を受注してみたり、制作会社でアルバイトをするところから始めて実績を作るのがおすすめですよ。

 

仕事の取りやすいサイト一覧

スポンサーリンク

-WEBデザイン