仮想通貨

【どっちを使う?】仮想通貨の取引所と販売所の違いについて徹底解説

仮想通貨販売所
仮想通貨の取引所と販売所って何が違うの?初心者にもわかるように教えてください!

 

本記事ではこんな疑問にお答えしていきます。

 

仮想通貨をいざ買おうとしたら「販売所」と「取引所」があり、「どっちを使えばいいかわからない」と、取引までに時間がかかってしまった方もいると思います。

 

本記事では仮想通貨を売買するとき「販売所」と「販売所」のどちらを使ったらいいのか、それぞれのメリットやデメリットなどを詳しく解説していきます。

 

仮想通貨を取引するときこのふたつの違いを知っておかないと、知らないうちに手数料で損していたなんてこともあるので、ぜひ最後まで読んできちんと理解しておきましょう。

 

本記事の内容

  • 「販売所」と「取引所」の違い
  • 「販売所」と「取引所」のメリット・デメリット
  • 「販売所」と「取引所」オススメはどっち?

 

それでは見ていきましょう!

 

仮想通貨「取引所」と「販売所」の仕組みの違い

 

最初に用語について少し紹介すると、「仮想通貨取引所」と「取引所」という言葉は意味が違います。

 

仮想通貨取引所は「Coincheck」や「bitFlyer」などの場所を指していて、取引所は売買する場所を指しています。

 

今はとりあえず違うんだなくらいで覚えておいてください。

 

次の項目から、仮想通貨の売買を始めるにあたって知っておくべき「販売所」と「取引所」の仕組みの違いについてもう少し深掘りをしていきます。

 

販売所の相手は「交換業者」

 

販売所ではCoincheckやbitFlyerーなどの仮想通貨取引所を相手に取引を行います。

 

取引がシンプルで初心者でもやりやすい反面、売買価格は業者側が決めているので、割高になることがあります。

 

取引所の相手は「ユーザー」

 

取引所ではユーザー同士で取引を行います。

 

手数料が安い反面、買い手と売り手の条件がマッチしないと取引が成立しないといったデメリットがあります。

 

販売所のメリット/デメリット

 

それでは、まずは販売所のデメリットから解説をしていきます。

 

販売所のデメリット2つ

 

仮想通貨の販売所には2つのデメリットがあります。

 

  1. 実質的な手数料(スプレッド)が高い
  2. 注文方法が1つしかない

 

デメリット1:スプレッドが高い

販売所では売値と買値の価格差をスプレッド(実質的な手数料)といいます。

 

例えば5月16日時点のCoincheck販売所を見てみると、

 

買値は「1BTC=4,155,585」

売値は「1BTC=3,909,900」

 

2つの取引額の差は「245,685円」となります。

 

つまりこの金額が実質的な手数料として業者へ払うことになります。

 

スプレッドは業者によって変わるので販売所で買うときは必ずチェックしましょう。

 

デメリット2:注文方法が1つしかない

 

販売所で購入する場合は、注文方法が一つしかありません。

 

「〇〇円になったら買いたい(売りたい)」などの条件を決めて注文を出すことができません。

 

販売所のメリット3つ

 

デメリットをみると損してしまうように感じられる取引所ですが、もちろんメリットもあります。

  1. 注文を出したらすぐ成立する
  2. 取引方法がシンプルで初心者でも扱いやすい
  3. 取り扱っている通貨の種類が多い

 

メリット1:注文を出したらすぐ成立する

 

販売所では交換業者が決めた価格で取引するので、注文したら即成立します。

 

ネット通販のような感覚で仮想通貨を取引できるので、初心者でも扱いやすいのが最大のメリットです。

 

メリット2:取引方法がシンプルで初心者でも扱いやすい

 

販売所で行う操作は「購入」「売却」のふたつだけ。

 

買いたい(売りたい)金額を指定してあとはボタンを押すと、操作が完了します。

 

操作が少ないので仮想通貨をはじめたばかりの初心者でも、迷うことなく取引を行えます。

 

メリット3:取り扱っている通貨の種類が多い

 

取引所に比べて販売所では取り扱っている仮想通貨の種類が多いです。

 

たとえばCoincheckとbitFlyerを見てみると、次のようになっています。

 

Coincheck bitFlyer
販売所 15種類 15種類
取引所  4種類 1種類

 

 

仮想通貨取引所によって扱っている銘柄や数が変わるので、事前に自分が取引したい通貨があるかどうか確認しておきましょう。

 

販売所をオススメする人

 

  1. 仮想通貨を初めて買う初心者
  2. 今すぐ仮想通貨を買いたい人
  3. 様々な仮想通貨を扱いたい人

 

仮想通貨をはじめたばかりの初心者や今すぐ取引したい場合、積立サービスを利用したい方にオススメです。

 

取引所のメリット/デメリット

 

取引所にもメリットとデメリットがあります。

 

まずは、デメリットから見ていきましょう。

 

取引所のデメリット3つ

  1. 注文方法に慣れが必要
  2. 注文が確定(約定)するまでに時間がかかる
  3. 取り扱っている通貨が少ない

 

デメリット1:注文方法に慣れが必要

 

取引所での注文方法は、ユーザー自ら「注文時のレート(1BTCあたりの価格)」や「数量」「金額」などを指定する必要があります。

 

さらにチャートや過去の値動きを見ながら判断しないといけないので、ある程度の知識と経験が必要になります。

 

仮想通貨をやっていくなら覚えておくべき注文方法なので、少しずつ勉強しておきましょう。

 

デメリット2:注文が確定まで時間かかることもある

 

取引所はユーザー同士で取引を行っているので、注文を出しても確定まで時間がかかってしまいます。

 

たとえば「1BTC300万円で売ります」といっても、買ってくれる人がいなければ取引は成立しませんよね。

 

仮想通貨は値動き(ボラティリティ)が激しいので、売り手が見つからないといつまでも注文が成立せず売れ残ってしまうなんていうこともあり得ます。

 

デメリット3:取り扱っている通貨が少ない

 

販売所と比べて取引所では取り扱っている通貨の種類が少ないです。

 

ビットコインやイーサリアムなのど有名な通貨は扱っていますが、アルトコインと呼ばれる種類の仮想通貨は取り扱いがないこともあります。

 

取引所を利用するときはどんな仮想通貨が扱われているかを事前にチェックしておきましょう。

 

取引所のメリット3つ

 

  1. 手数料を安く抑えられる
  2. 成行、指値、逆指値と注文方法が豊富
  3. レバレッジ取引ができる

 

メリット1:手数料を安く抑えられる

 

取引所は手数料が無料かマイナスに設定されていることが多いです。

 

たかだか数%と思うかもしれませんが、取引回数が増えていけば無視できない額になります。

 

メリット2:成行・指値・逆指値と注文方法が豊富

 

取引所の大きなメリットは「注文豊富が豊富」ということです。

 

成行:とにかく今すぐ買い(売りたい)

指値:この価格で買いたい(売りたい)

逆指値:あの価格になったら買いたい(売りたい)

 

取引所ではこれらの注文が使えるので、状況に応じて使い分けたり、事前に設定しておくことで買い(売り)のタイミングを逃さず注文できます。

 

メリット3:レバレッジ取引ができる

 

レバレッジとは少ない資金で大きな取引をすることをいいます。

 

たとえばレバレッジが10倍なら、10万円しか手元になくても100万円分の取引が行えます。

 

レバレッジ取引は小さい資金で大きな利益を出せる反面、損失も同じように大きくなり借金を抱える可能性もあるので、初心者は手を出さない方がいいでしょう。

 

取引所をオススメする人

 

  • 手数料を少しでも抑えたい人
  • 本格的なトレードをしたい人
  • レバレッジ取引をしたい人

 

取引所では手数料が安く、さまざまな注文方法で取引ができるので「コストを抑えつつ本格的な取引がしたい」という人にはオススメです。

 

取引所と販売所どっちを使ったらいいの?

 

販売所ではCoincheckのように「500円」からビットコインを買えるので最初は販売所で仮想通貨を買うことをオススメします。

 

その後、慣れてきたら取引所での買い方を少しずつ覚えていくといいでしょう。

 

いきなり取引所での取引をするのは難しいと思われる方も多いので、まずは販売所でどうやって売買するのか慣れていくことをおすすめします!

 

オススメの仮想通貨取引所

 

これから仮想通貨をはじめてみたいという方は、こちらの取引所がオススメです。

 

  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

 

Coincheck(コインチェック

 

コインチェックは国内大手の仮想通貨取引所です。

 

管理画面がわかりやすく初心者でも使いやすい人気の仮想通貨取引所です。

 

コインチェックには、以下のような特徴があります。

 

  • 3年連続青売りダウンロード数No.1(2022年2月)
  • 東証プライム上場のマネックスグループ傘下
  • 取引手数料が無料
  • 500円からビットコインが購入できる

 

コインチェックでは500円からビットコインが購入でき、取引所でも手数料が無料です。

 

また、口座開設キャンペーンを開催していることもあるので、これから仮想通貨をはじめる初心者にはオススメの仮想通貨取引所の一つです。

 

コインチェックでは、今だけ無料で2500円分のビットコインがもらえるお得なキャンペーンをやっています!

口座を作って入金するだけなので、とても簡単ですよ✨

期間限定のキャンペーンなので、今のうちに口座を作っておくのがおすすめです◎

 

»【無料】コインチェックを始める

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

  • 日本初ビットコインが貯まるクレジットカード
  • 100円からビットコインを購入できる
  • bitFlyer LightningではビットコインFX取引ができる

 

bitFlyerでは日本初のビットコインが貯まるクレジットカードを発行できます。

 

また、積立サービスでは最小1円〜最大100万円までの間で設定でき、購入する間隔も「毎日・毎週・月2回・月1回」と細かく決められます。

 

販売所と取引所の違いまとめ

 

本記事では仮想通貨取引所の「取引所と販売所の違い」について解説してきました。

 

最初は販売所でビットコインを買ってみてもいいですが、「コストを1円でも安く抑える」ためには取引所での売買がオススメです。

 

手数料で損しないためにも、積極的に取引所での売買を行なっていきましょう✨

 

コインチェックでは、今だけ無料で2500円分のビットコインがもらえるお得なキャンペーンをやっています!

口座を作って入金するだけなので、とても簡単ですよ✨

期間限定のキャンペーンなので、今のうちに口座を作っておくのがおすすめです◎

 

»【無料】コインチェックを始める

 

スポンサーリンク

-仮想通貨