仮想通貨

ビットコイン初心者は「積立投資」で放置がオススメ!メリット・注意点を徹底解説

積立投資
ビットコインで資産運用をしたいけど、相場が気になって買うまでに時間がかかっちゃう。

何か良い方法はないかな?

 

このようなお悩みを解決します。

 

ビットコインで資産運用をしたいものの、価格の変動が気になってしまって中々購入することができない、ということがよくありますよね。

 

実は私も、後少し待てばもう少し価格が下がるかも?と、買うまでにめちゃくちゃ時間がかかって、時間がもったいないなと感じることが何度もありました。

 

中々買えないという場合は、「積立投資」がおすすめです。

 

ビットコインの取引所では、一定の期間で自動でビットコインを購入して自動で積み立てができるサービスがあります。

 

一旦設定しておくと毎月決まった時期に自動で購入ができるので、時間がない方にもおすすめですよ!

 

というわけで、この記事ではビットコイン積立を行うメリットや始めるにあたって気を付けておきたいポイントについて解説をしていきます。

 

ビットコイン積立とは?

 

ビットコイン積立とは毎月・毎週・毎日(事前に決めた間隔で)、一定額を購入する投資手法です。

 

投資の世界では王道の投資手法の一つで「ドルコスト平均法」とも呼ばれています。

 

積立は毎日何時間もパソコンの前でチャートに張り付く必要がなく、一度設定してしまえば停止しない限り自動で買い続けるので、専門知識や経験がない初心者でも実践しやすい投資方法といえますね。

 

 ビットコイン積立のメリット

 

  • 少額から投資が可能
  • ドルコスト平均法で高値掴みを回避
  • 一度設定したら放置なので初心者にも簡単

 

少額から投資が可能

 

ビットコイン積立のメリットは「少額」からはじめられることです。

 

現在ビットコイン積立サービスを行っている仮想通貨取引所は「bitFlyer」「Coincheck」「GMOコイン」の3社になります。

 

3社それぞれの設定金額は、次のとおりになります。

  • bitFlyer 1円〜100万円
  • GMOコイン 500円〜5万円
  • Coinchek 1万円〜100万円

 

ドルコスト平均法で高値掴みを回避

 

積立投資では決められた頻度で一定金額を買い続けるので、価格が下がった時には多く買い、価格が上がった時には少なく買うことになり、総合的な買値が平均化されていきます。

 

これにより、価格が上がりきったところで買ってしまう「高値掴み」を回避するという仕組みになっています。

 

一度設定したら放置なので初心者にも簡単

 

積立投資は最初に「頻度」と「金額」を設定さえしてしまえば、あとは自ら停止しない限り、自動で買い続けます。

 

画面の指示に従ってしていけばいいので、投資の経験や知識が浅い初心者でもかんたんに設定できるので迷うことがありません

 

 

ビットコイン積立のデメリット

  • 買いのタイミングを自分で決められない
  • ビットコインの購入先は販売所にない

 

買いのタイミングを自分で決められない

 

積立投資は事前に設定したとおりに自動で買い続けるので、初心者でも簡単にはじめられる反面、自由に買いのタイミングを変更できないデメリットがあります。

 

ビットコインはボラティリティ(値動き)が激しい商品なので、1日で20%下落することもあります。

 

たとえば暴落した時により多くまとめ買いしておけば価格が上がった時の利益も大きくなりますね。

 

しかし、積立投資では設定したとおりにしか買わないので、価格が下がっても上がっても関係ありません

 

とはいえ仮想通貨の値動きを予想するのはプロでも難しいと言われているので、初心者の場合はデメリットも含めたうえでリスク分散できる積立投資の方がいいでしょう。

 

ビットコインの購入先は販売所になる

 

仮想通貨が購入できる場所は「取引所」と「販売所」のふたつがあります。

 

積立投資の場合は販売所を使ってビットコインを購入するので、取引所に比べて割高になってしまいます。

 

なぜなら販売所では仮想通貨交換業者を相手に取引を行いますが、この時ビットコインの購入価格や売却価格は業者側が決めており、購入価格と売却価格の価格差(スプレッド)が実質的な手数料となるためです。

 

ビットコイン積立にオススメの仮想通貨取引所

 

ビットコイン積立投資を行うときは「月に1万円」投資できるかが、仮想通貨取引所を選ぶ基準になっています。

 

  • 予算1万円以上ならコインチェック
  • 予算万円以下ならビットフライヤー

 

コインチェック「Coincheckつみたて」

 

  • 月々1万円から積立可能
  • 積立金額は1万円〜100万円
  • 「月イチ」「毎日つみたて」の2種類
  • 指定の銀行口座から自動引落

 

コインチェックの積立サービスは指定した銀行口座から毎月自動で引き落としてくれるので、口座に入金しておけばあとは自動で入金から買い付けまでやってくれます。

 

注意しておかないといけないのは、「申し込みから積立開始まで約1か月かかってしまう」という点。

 

すぐにでも積立をはじめたいという人の場合は、積立開始がもっと早い取引所を選ぶか、もしくは1ヶ月分だけ自分で注文して買い付けるといいでしょう。

 

 

ビットフライヤー「かんたん積立」

 

  • 1円から積立可能
  • 積立金額は1円〜100万円
  • 毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回
  • ビットフライヤーの口座から自動引落

 

ビットフライヤーの積立サービスは「1円〜100万円」の間で1円単位で細かく設定できます。

 

1万円以下の予算の場合はビットフライヤーの積立サービスを利用するといいでしょう。

 

注意点は引落が銀行口座ではなくビットフライヤーの口座ということ。

 

毎回入金しておく手間がかかるので、入金には無料枠が用意されているネット銀行などの口座を使うといいでしょう。

 

ビットコイン積立に向いている人

 

  • 仕事が忙しくて毎月自分で買えない
  • 相場の値動きを気にしぎてしまう
  • 投資経験の浅い初心者

 

積立サービスは一度設定するとあなたの代わりに、自動で買い続けてくれます。

 

仕事が忙しくて毎月自分で買うのを忘れてしまったり、値動きを気にしすぎて買えなかったりする、または投資をはじめたばかりの初心者は積立サービスを活用してみるといいでしょう。

 

予算に余裕があるなら積立でコツコツ買い続けつつ、取引所で値動きを見ながら買う練習してみるのもいいですね。

 

ビットコイン積立の注意点

 

  • 余剰資金で投資する
  • 少額からコツコツはじめる
  • 暴落しても売らずに継続する

 

余剰資金で投資する

 

投資をするときはまず余剰資金(最悪ゼロになってもいいお金)を使ってはじめましょう。

 

仮想通貨に限らず投資は元本割れするリスクがあるので、生活費を削って投資をすると暴落時に投資を続けられず相場から退場するケースもあり得ます。

 

投資で利益を出すなら細く長く相場にい続けることが大事なので、そのためにもまずは余剰資金ではじめることを意識しましょう。

 

少額からコツコツはじめる

 

初心者がいきなり多額の資金を投資に回すと、暴落時に大きな損失を被ってしまうこともあります。

 

こうしたことを防ぐためにも、最初は少額かつドルコスト平均法でリスクを分散しながらはじめるようにしましょう。

 

 暴落しても売らずに継続する

 

買った銘柄が暴落したとき、「このまま下がり続けたらどうしよう」「売ってしまいたい」と思ってしまいます。

 

積立投資は「短期的な値動きは気にしない」「数年〜数十年の長期でみる」ことが大切なので、暴落時でも変わらずコツコツ買い続けることが大切です。

 

まとめ:ビットコイン積立投資について

 

本記事では「ビットコインの積立投資」についてメリット/デメリットを紹介してきました。

 

最後におさらいします。

 

  • 積立投資は事前に決めた頻度・金額で買い続ける投資の王道手法
  • 時間と金額を分散することで高値掴みのリスクを軽減する
  • 暴落時も売らずに長期視点で続けることが大切

 

仮想通貨の値動きは変動が激しく、初心者が正確に読むことはまず無理なので、積立投資を活用して少額からビットコイン投資をはじめてみましょう。

スポンサーリンク

-仮想通貨