転職

事務職はやめとけと言われる理由!消える職種って本当?

就職活動や転職活動をしていて事務職に就くことを反対されたことはありませんか?

 

最近は、事務職はやめたほうがいいと言われています。

 

自動化されたツールのおかげで、将来事務職のような仕事はなくなるかもしれないと言われています。

 

今回は、事務職はやめとけと言われる理由と事務職以外のおすすめの業種について紹介していきます。

 

この記事をお読みいただくと、なぜ事務職よりもIT業界でキャリアをスタートさせた方が良いのかがわかります。

 

 

Contents

事務職はやめた方がいいと言われる理由

 

事務職が退屈で、やりがいのない仕事であることは周知の通りです。

 

多くの事務職は労働集約的で、事務処理や顧客対応の電話など、平凡な仕事に追われることになります。

 

自動化されたツールの台頭により、これらの仕事をこなすために人間の労働力を必要とすることは少なくなっています。

 

その結果、多くの人が事務職のようなオフィスワークから目をそらし始めています。

 

オフィスワークの衰退

 

オフィスワークが減少しているのは当然のことです。

 

手作業の必要性が減っているだけでなく、接客の役割も減っています。

 

顧客とのやり取りがオンラインで処理されるようになり、接客の仕事は自動化された接客ボットに取って代わられつつあります。

 

秘書や受付のような役割も、同じ作業をより迅速かつ効率的に行える機械やソフトウェアプログラムに取って代わられているのです。

 

IT産業の成長

 

事務職の人気が低下するにつれ、IT産業が成長している。ITの仕事には、コーディング、ソフトウェア開発、データベースなどがある。

 

多くのIT関連の仕事は高度な専門知識を必要とするが、最低限のトレーニングを受けた人材も必要とされます。

 

IT関連の仕事は、事務職とは異なり、クリエイティブで問題解決型の仕事です。そのため、IT関連の仕事はやりがいがあり、給与も高くなることが多い。

 

ITキャリアの利点

 

IT業界でのキャリアには、さまざまなメリットがあります。

 

まず、給与は従来のオフィスワークよりも高いのが一般的です。

 

さらに、ITの仕事はリモートで行うことができるため、自宅や好きな場所で仕事をすることができます。

 

さらに、ITの仕事は事務職と比較すると特に需要が多く、安定したキャリアを築くことができます。

 

事務職と違いIT業界はむしろ人手が足りていないので、有効求人倍率が高く転職しやすいのも特徴的です。

 

IT業界にはどんな分野がある?

 

IT業界の中でも、専門性を発揮できる分野は多岐にわたります。

 

情報技術者は、ハードウェアやソフトウェアを使って、ネットワークの構築や保守を行います。

 

ソフトウェアエンジニアはアプリケーションを開発し、データベース管理者はデータベースを管理します。デザイナーとウェブ開発者は、ウェブサイトやグラフィックを作成します。

 

コンピューターシステムアナリストは、顧客のITシステム管理をサポートします。

 

このようにIT業界にはさまざまな職種がありますが、ITに詳しくない人でもなりやすいと言われているのがWEBデザイナーです。

 

WEBデザイナーはバナーやホームページのデザインを作る仕事をする人で、プログラミング言語をわかっていなくても就職のできる職種となっています。

 

在宅でも仕事ができるので、特に子どものいる女性に非常に人気の職種となっております。

 

給料も高くフリーランスにもなりやすいので、フリーランスになればどこでも仕事ができるようになるのが魅力的です。

 

事務職に転職を考えている方は、IT業界への転職も考えてみてくださいね、

スポンサーリンク

-転職