転職

新卒でブラック企業に入ってしまった私が抜け出す為にやったこと

転職を考える人

入社した会社がブラック企業だった!新卒だし、簡単に辞めてしまったら次がなさそう…。

 

入社した企業がブラック企業だと、このままの生活が一生続くのかと思うと不安でたまらないですよね。

 

また、辞めたくても転職先があるかわからなくて行動に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか?

 

こちらの記事では、このようなお悩みをお持ちの方向けにブラック企業を堂々と抜け出す為にやったことをお伝えしていきます。

 

この記事を書いている筆者は新卒で某ブラック企業の飲食店に入社し、1年半ほどで退社をしました。

 

転職先が決まっている状態で退職をしたので、退社後はホワイト企業にすぐ入社することができました。

 

今回はブラック企業からホワイト企業に転職したい方向けに、私がブラック企業を抜け出す為にやったことについて紹介していきます。

 

会社を辞める前に転職活動を開始する

次の仕事が決まっていないのにいきなり辞めてしまうと、どんどん貯金が減ってしまって気持ちが焦ってしまうのでお勧めしません。

 

なので、ブラック企業を辞める前に転職先を見つけるようにしましょう。

 

とはいっても、中々ブラック企業に勤めていると休みも取りにくく、転職活動を並行して進めることは難しいと思います。

 

そこで、少しでも空いた時間に転職活動が行えるよう、効率の良い進め方をお伝えします。

 

転職サイトに登録する

有名どころの転職サイトに登録します。

 

転職サイトは複数ありますが、とりあえず大手のサイトに登録をしておきましょう。

 

ホワイト企業探しにおすすめのサイトは、以下の2つです。

 

 

登録は無料で5分ほどでできるものが多いので、隙間時間に登録してしまいましょう。

 

 

求人アプリを活用する

転職サイトを使って転職活動を進めますが、求人アプリの活用も並行して行いましょう。

 

空いた時間にスマホでチェックするだけなので、忙しくて転職サイトでゆっくり見れないといった方におすすめです。

 

転職アプリのおすすめはdodaキャンパスです。

 

スカウト型の転職サービスに登録しておく

こちらから応募しなくても企業からスカウトが来るタイプのサイトにも登録しておくと、時間をより有効に使えます。

 

おすすめのサイトは以下の2つです。

キミスカもJob-Tも無料で登録することができます。

 

転職エージェントに相談してみる

転職エージェントへの相談と聞くといきなり転職先の企業をいくつか勧められないかと不安に思うかもしれませんが、全くそのようなことはありません。

 

むしろ、自分の現状を知ってもらったり自分の得意なことや苦手なことから、思ってもいなかった職種を教えてもらえることもあります。

 

登録も相談も無料なので、転職を失敗させない為にも活用することをお勧めします。

 

 

私は転職エージェントに3社登録してそれぞれの担当者に話を聞いてもらったのですが、ホワイト企業が多い自分が知らなかった職種を教えてもらうことができました。

 

最終的にエージェントから紹介してもらった企業とは別のホワイト企業に転職をしましたが、あの時相談していなかったら仕事とプライベートの両立がしやすい職種を見つけることはできなかったかもしれないと思うとぞっとします。

 

無料で自分が知らなかった世界を知るきっかけにもなるので、面倒と思わずにエージェントへの相談もしてみて下さい。

 

履歴書をパソコンで作成する

手書きの履歴書の方が良いのではと思われがちですが、今の時代履歴書はパソコンで作ったもので全く問題ありません。

 

むしろ、履歴書は手書きでないといけないと指示してくるような企業は、最新の考え方や技術を取り入れることに抵抗があり、入社してしまうと苦労する可能性があります。

 

履歴書はワードやエクセルで早いうちに作ってしまいましょう。

 

無料でテンプレートが配布されているサイトからダウンロードすると効率が良いですね!

 

勉強もしておく

異業種への転職の場合、どうしても実務経験がないと転職しにくくなってしまいます。

 

そこで、異業種へ転職するする場合は、その業界のことや使用するツールの勉強も同時に進めておくことをお勧めします。

 

学んでいる最中でも、勉強中であることを伝えるとやる気があったり今後成長したりすると思われて採用されやすくなります。

 

私は全くパソコンの使えなかった飲食店店長からIT業界へと異業種転職をしましたが、資格はとっていなかったものの基本情報技術者試験の学習中であることを伝えていました。

 

最終的にインターネット回線とプロバイダを扱う会社のヘルプデスクとして採用され、ブラック企業から抜け出すことができました。

 

結局基本情報技術者試験には受からなかったのですが、勉強をしていると伝えたことで興味を持ってもらえたようです。

 

もし、自分の業界と違う業界に転職をしたい場合は、転職したい業界で必要とされるスキルも学んでおきましょう。

 

特に、実務でも役立つ資格の学習は面接官にも好印象を与えることができるので、自分が行きたい業界の資格の学習もおすすめですよ!

 

資格の通信講座はフォーサイトがおすすめです。

 

フォーサイト公式サイトはこちら↓

 

 

通信講座ではなくオンライン講座で学びたい方には、資格スクエアがおすすめです。

 

資格スクエアでは、転職に好評価となるような資格の講座が沢山あるので、フォーサイトで受けたい資格の講座がない場合に見当たることがあります。

 

資格スクエア公式サイトはこちら↓

 

 

また、複数の資格を取りたいと考えている方にはラーキャリがコスパ抜群です。

ラーキャリは2資格分申し込むと、合計金額から20,000円も割引になります。

 

ラーキャリ公式サイトはこちら↓

 

有効求人倍率の高い業界をチェックしておく

ここは余談ですが、有効求人倍率が高い業界は入りやすい傾向にあります。

 

というのも、有効求人倍率は高ければ高いほど人手不足であるということで、低ければあまり需要はないからです。

 

IT業界は人手不足なので高めですが、高いからといってブラック企業ばかりということは全くありません。

 

むしろ、デスクワーク中心で週休2日のところも多く、プライベートと仕事の切り替えもしやすい業界だと思います。

 

特に、IT業界の中でもIT事務やインフラエンジニア、ヘルプデスクはゆったり働けるところが多いです。

 

勉強は必要ですが、WEBデザイナーやWEB制作系のエンジニアもリモートが多く働きやすいです。

 

未経験でも育てるから歓迎しますという企業も多いので、ブラック企業からの転職におすすめの職種です。

 

未経験からのIT転職は、IT求人ナビへの活用がおすすめです。

 

無料で30秒で登録できるので、すぐに行動してしまいましょう。

 

IT求人ナビ 公式サイトはこちら>>

 

また、未経験だからこそ学習もしながら転職活動もしたいという方にはウズキャリITがおすすめです。

 

就職するためのサポート料金はかからず無料なので、どんどん活用していきましょう。

 

ウズキャリIT公式サイトはこちら>>

 

まとめ:行動すればブラック企業から脱出できます。

転職活動はどれだけスムーズに進んでも2ヶ月〜半年ほどかかり、長ければ1年1年半とかかることもあります。

 

特に新卒で転職となると中々採用されないんじゃないかと不安になってしまうと思いますが、行動しなければ現状を変えることはできません。

 

まずは求人サイトに登録するといったような簡単にできるところから初めて、ブラック企業から抜け出しましょう!

スポンサーリンク

-転職