オンライン授業

オンライン授業ですっぴんノーメイクはあり?映えメイク教えます

メイクグッズ

オンライン授業ってすっぴんノーメイクで受けていいの?映えるメイクが知りたい!

 

こんな悩みに答えます。

 

この記事を書いている私はオンライン授業へ何度も参加しており、毎日のようにZoomで打ち合わせを行っています。

オンライン会議ツールで自分が映えると、第一印象は良くなりますし何より相手からも好印象になります。

 

それでは、今回はオンライン授業でのメイクに関する疑問に焦点を当てて答えていきたいと思います。

 

オンライン授業ですっぴんノーメイクはあり?

オンライン授業を受けるにあたってメイクはした方が良いのでしょうか?

 

結論、必ずしもしなければならないものではないですが、メイクをした方が映えます。

Zoomには肌を美肌に調整できる補正機能や明るさを調整する機能がついているので、何となく自分の写りが悪いと思ったらそのような機能を使って加工をすることができます。

 

また、Zoomではメイクもすることができるので、ツールを使ってすっぴんノーメイクではないように見せることも可能です。

もちろん、そのような加工をしなくても参加することはできますし、すっぴんノーメイクだからといって失礼なわけではありません。

大学では対面授業しかなかった時にノーメイクで学校にきて授業に参加していた学生もいます。

 

オンラインだからと言って、特別にメイクをしなければならないと言うわけではありません。

 

オンライン授業での映えメイク

オンライン授業で少しでもよく映りたいと思いますよね。

 

私自身、オンライン授業はもちろんですが、ZoomやGooglemeetsのようなテレビ会議ツールを使った打ち合わせや商談の時は少しでも自分をよく見せたいと思っていました。

 

綺麗で明るく見えた方が良いですもんね。

 

では、どのようなメイクをすればオンライン授業で映えるのか、コツをお伝えします。

 

鏡の代わりにZoomの画面を見る

最も重要なのが、鏡をみてメイクをするのではなく、Zoomに写った自分の顔を見ながらメイクをするということです。

 

Zoomでは、普段どおりにメイクをしても画面を通すとなんだか地味に見えてしまいます。

もともと薄化粧の場合は、メイクをしていてもZoomだとすっぴんノーメイクにも見えてしまいます。

 

つまりオンライン授業ではメイクしてもあまり色が目立たず、がっつり色をつけないとメイクをしているように見えません。

 

そこで、メイクをする時に鏡ではなくZoomの画面を見ながらメイクをしていきます。

Zoomのアプリを立ち上げ、「新規ミーティング」をクリックすると誰もさんかしていないZoomの会議画面が表示されます。

 

この画面では自分が写っている様子が確認出来るので、この画面を見ながらメイクをするとどのように見えるのかがわかります。

オンライン授業を受ける前は、Zoomの画面を立ち上げて相手にどのように見えるのかを確かめながらメイクをするのがおすすめです。

 

眉メイク

眉を整えるだけでもガラッと印象が変わります。

 

Zoomではアイシャドウやチークで使うような薄い色はあまり目立ちませんが、濃い色はわりとはっきり映ります。

 

そのため、眉メイクはガッツリ書かずに、眉マスカラで着色するくらいをおすすめします。

ペンで普段どおりに書いてしまうと、眉色が強調されてしまって強い印象になるので、ご注意下さい。

 

黒髪の方はカラーは黒よりも、濃いめのブラウン、茶色い髪色の方は明るめのブラウンをおすすめします。

私はヘビーローテーションの眉マスカラを使っています。


 

アイメイク

メイクをすることでかなり印象のかわるアイメイクですが、オンライン授業では目の下のクマがあるかないかで印象がとてもかわります。

他はすっぴんノーメイクでも、クマ消しだけでも良いんじゃないかとも思います。

 

オンライン会議ツールでは黒や茶色は他の色に比べるとしっかり映るので、クマが普段よりも濃く映ってしまいます。アイシャドウを目の下に塗っているように見えます。笑

 

私自身オンライン授業に参加する前はクマは必ず消すようにしているのですが、クマがないだけで明るくなりますし疲れているようにも見えません。

コンシーラーでクマを消すだけで印象がかわるので、アイメイクで盛る前にしっかりとクマ消しを行って下さい。

 

私は資生堂のコンシーラーを使っていますが、少量で濃いクマも消せるのでコスパ抜群です。

また、二重のラインが目立たない方はアイライナーで書いて強調すると普段より二重が大きく目もはっきりと見えるので、ぜひ試して下さい。

 

肌はファンデーションを塗っても塗らなくてもZoomの補正機能で美肌に出来るので、正直塗らなくても良いです。

 

ただ、補正してもテカリが目立つ場合は塗っておきましょう。

 

色は自分の肌と同じくらいのトーンのファンデーションがおすすめです。

 

リップ

口は薄ピンクや透明なグロスだけだと、ついているのかわからない程度に映り、すっぴんに見えます。

 

普段より濃い目のピンクや赤だとZoomでも映えるので、ちょっと濃いかなくらいに塗っておけばOKです。

 

メイクと違いますが、髪でも印象が変わります。

 

特に髪の生え際付近ががボサボサだと手入れをしていないように見えてしまうので、ヘアオイルで艶を出すのがおすすめです。

 

まとめ:映えメイクで綺麗に映ろう!

今回はオンライン授業にすっぴんノーメイクで参加をしても良いのか、メイクで映えるコツについてご紹介しました。

 

すっぴんノーメイクで参加をしても何も問題ありませんし、実際沢山の人がすっぴんノーメイクです。

 

少しでもオンライン授業で映えたい!

そのように思う方は、ぜひZoomの画面を見ながらメイクをして、自分が最高に映るメイクを研究してみて下さい。

スポンサーリンク

-オンライン授業