WEBデザイン

【WEBデザイナーにセンスは不要】法則と考え方を学べば誰でもなれます

パソコンと学習する人

WEBデザイナーになりたい。

けど、絵を描くことも出来ないしセンスもないし…。

 

このように思ってしまうことはありませんか?

 

私もWEBデザイナーに憧れを持った時、センスがないからなれないかもしれないし、なれたとしても仕事がなくなってしまうのではないかとよく不安になっていました。

 

しかし、センスがない私でもWEBデザイナーになることはできましたし、センスがなくてもWEBデザイナーとして活動している人は沢山見てきました。

 

センスがなくてもデザインを作ってほしいとお願いしたいと依頼されることも多く、WEBデザインの仕事が途切れることはありません。

 

なぜなら、WEBデザインのルールや考え方を学んだからです。

 

WEBデザインのルールを学んだおかげで、センスがなくてもフリーランスWEBデザイナーとして毎月30万以上稼ぐことができるようになりました。

 

この記事では、センスがなくてもWEBデザイナーになるにはどうすれば良いのかを、センスが不要な理由を整理した上でお伝えしていきます。

 

本記事を読むことで、WEBデザイナーにセンスは必要がないことがお分かりいただけると思うので、ぜひ最後までお読みください!

 

WEBデザイナーにセンスは不要

冒頭でも述べましたが、WEBデザイナーになるためにセンスは不要です。

 

センスがなくてもなれますし、仕事で困ることもありません。

 

また、絵が描けなくても全く問題ありません。

 

私自身絵が全く描けず、センスが良いと言われたこともありませんが、現在はWEBデザインの仕事が途切れることはなく毎日WEBデザインのお仕事をやっています。

 

なぜWEBデザインにはセンスが不要かというと、ホームページやランディングページのデザインというのは、ルールに則って作成するからです。

 

ルールを理解して、ルールに沿ってデザインを作るだけなので、個人のセンスというのは必要ありません。

 

WEBデザイナーになるために力を入れるのはセンスではなくルールの学習ですが、効率の良い学習方法が気になりますよね。

 

ここからは、数々の教材講座を試してきた私が、WEBデザイナーになるための効率の良い学習方手順やおすすめの教材について解説していきます。

 

効率の良い学習法

効率の良い学習手順は、以下の通りです。

 

  1. デザインの基本原則や役割を学ぶ
  2. 配色について学ぶ
  3. 文字(タイポグラフィ)について学ぶ
  4. 使用するツールについて学ぶ
  5. デザインのトレースを行う

 

初めにデザインの法則や配色、文字について学習したら、使用するツールの使い方を学びます。

 

WEBデザイナーとして活動するためには、必ずと言って良いほどPhotoshopのスキルが必要となってくるので、デザインの基礎を理解したらPhotoshopの使い方について学ぶことをお勧めします。

 

また、IllustratorとXDは必須ではありませんが、できるに越したことはないので学んでおいた方が良いです。

 

ただ、Illustratorに関してはロゴや名刺をデザインする場合には使用しますが、ホームページやECサイトのデザインをする場合はほぼ使用しません。

 

なので、もしホームページのデザインを中心にお仕事を行いたい場合は、Photoshopを優先して学習し、次にXDを学習されることをお勧めします。

 

基礎固めにおすすめの学習サイト

デザインの基礎理解からツールの操作方法まで学べるサイトが、「chot.design(ちょっとデザイン)」です。

 

ちょっとデザインで学習を進めると、WEBデザインだけではなくサイトを作るために必要なツールやコードのことまでも学べます。

 

無料版と有料版がありますが、無料版だとWEBデザイナーが知っておくべき内容をカバーできないので、1ヶ月2ヶ月ほど有料版でしっかりと学習することをお勧めします。

 

基礎から応用まで、さらには実践までできるようになっているので、活用しない手はないと思います。

 

chot.design(ちょっとデザイン)公式サイトはこちら>>

 

WEBデザイナースクールで学習

独学でもWEBデザイナーになれるのですが、時間がかかりすぎる上作ったデザインに対するフィードバックももらえる機会がないので、WEBデザイナースクールの活用をお勧めします。

 

数あるWEBデザイナースクールの中でのおすすめは以下の4つです。

 

 

FammママwebデザイナースクールSHElikes(シーライクス)は、WEBデザイン以外にも動画編集やライティングの講座を試聴することもできるようになっています。

 

また、学習時間を増やすために使った食事宅配や本、PC周りの機材を購入した場合の金額を負担するサポートも従実していることが特徴です。

 

忙しくて学習の時間が取りづらい方や、WEBデザイン以外の他のスキルも磨きたいという方におすすめです。

 

ちなみにFammはママとスクール名についていますが、ママ以外の女性も対象としているコースがあります。

 

デジタルハリウッド とぬるま湯デザインは、WEBデザイナー育成スクールですが、実務で必要とされるマーケティングを学ぶことができるスクールです。

 

具体的には、売るためのWEBデザインを学ぶことができます。

 

マーケティングができるWEBデザイナーは企業からかなり重宝されるので、単価も高く仕事に困ることはあまりありません。

 

マーケティング思考のあるWEBデザイナーになりたい方は、デジタルハリウッド とぬるま湯デザインをお勧めします。

 

どのスクールも無料オンライン説明会でWEBデザイナーになるための最短ロードマップも説明してもらえるので、聞いておいて損はないと思います。

 

Fammママwebデザイナースクール

SHElikes

デジタルハリウッド

ぬるま湯デザイン

 

自分のペースで学習したい方

他のスクールでは授業動画も後から視聴できるようになっているので自分のペース学習できるのですが、リアルタイムでの授業に参加できない方や自分のペースで学習を進めたい方には、デイトラのWebデザインコース がおすすめです。

 

デイトラは国内最大級のオンラインスクールで、動画を見ながら自習を行い、わからないところがでてきたらチャットツールで質問を行うという形式で学習を進めていきます。

 

値段も他のスクールと比較すると約半分で、サポート期間が1年間と長いことが特徴です。

 

自分のペースでしっかり学習をしていきたい方に向いているスクールです。

 

デイトラWebデザインコース

 

まとめ:センスがなくてもWEBデザイナーになれます

WEBデザイナーになるのにセンスは不要です。

 

むしろ、お仕事をしていてセンスが必要と感じたことはありません。

 

デザインのルールや考え方を理解し、ルールに沿って制作していくものです。

 

センスがないからWEBデザイナーになれないかもしれないと不安になることもあるかもしれませんが、学べば学ぶほど不安に思うことは少なくなると思います。

 

まずはオンライン教材を使ってみたり説明会に参加してみたり、出来そうなことから始めてみましょう!

スポンサーリンク

-WEBデザイン