WEBデザイン

【フリーランスWEBデザイナーのリアル】働き方や給料教えます

デスクとパソコン

フリーランスのWEBデザイナーになりたい。どんな風に働いて、お給料はどのくらいなの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

現在、私は2021年の6月からフリーランスのWEBデザイナーとして生計を立てています。

今回は、フリーランスWEBデザイナーついて、実体験を元に働き方や給料のリアルを紹介していきます。

 

フリーランスWEBデザイナーの働き方

フリーランスWEBデザイナーの働き方のリアルを紹介します。

働き方は個人個人異なると思いますが、大きく分けると2パターンに分かれます。

 

  • 単発の案件をとって仕事をする人
  • 企業と業務委託契約を結んで仕事を継続的に行う人

 

営業→受注→納品→営業、と繰り返していくのが単発の案件を受注する働き方です。

一方、ある企業と業務委託契約を結び、業務委託先から継続的にお仕事をもらう働き方もあります。

 

大きく分けるとこの2パターンの働き方がありますが、私はどちらの働き方も取り入れて生活をしています。

 

単発の案件をとって仕事をする人

一つの案件が終わったらまた別の案件を探して営業して、と繰り返し行う働き方です。

 

案件が終わればまた次の案件を探さなければならないので安定しない働き方とも言えますが、沢山のお客様との出会いもあり刺激的な働き方だと私は思います。

 

また、偶然取引先が自分にあっていないお客様だった場合は、契約が終わったらそれ以降関わる必要も

なくなるため自分に合わない方と長く仕事をする必要がないといったメリットもあります。

 

一人のお客様とのやり取りする時間が短いですが、時には他のお仕事も頼みたいと言われて継続的なお仕事につながることもあります。

 

営業先は個人事業主や企業に自らアポイントを取るか、ココナラやクラウドワークスのようなクラウドソーシングのサービスを利用して探します。

新しい人との出会いを楽しみたい方に向いている働き方です。

 

企業と業務委託契約を結んで仕事を継続的に行う人

単発での案件を繰り返すのではなく、一つの企業と長くお仕事をする働き方が業務委託契約です。

 

時給換算の仕事が多く、正社員と働き方は似ていますが週1から仕事ができたり働く時間を自分で決めることが出来たり、正社員とは異なった働き方をすることが出来ます。

 

また、契約だけ結んでおいて仕事があったときのみ案件を対応するといった働き方も出来ます。

実際に私は10社と業務委託契約をしていますが、毎月仕事があるのは1社、各月で仕事があるのは1社

の合計2社のみと安定して仕事をしています。

 

残りの8社とは契約を結んでいますが、案件があったときのみ声をかけてもらうといった働き方をしています。

 

一見安定していないように見える働き方ですが、2社でも継続して仕事がもらえるというのはフリーランスWEBデザイナーにとって心強いです。

 

来月仕事がなかったらどうしよう、、といった不安を払拭できるので、どこか1つでも良いので業務委託先が一つあると気持ちにゆとりが生まれます。

 

フリーランスWEBデザイナーの給料

フリーランスWEBデザイナーってどのくらい稼げるの??

私も自分がフリーランスとして活動をするまではこの様に感じていました。

 

給料のリアルな数字をお見せします。

 

  • 6月:206,500円
  • 7月:266,779円
  • 8月:284,267円
  • 9月:390,868円
  • 10月:405,000円

 

まだまだ安定しているとは言えませんが、こんな感じです。

私は正社員の時は手取り21万円程だったので、フリーランスになったばかりの6月以外は正社員時代と比べると少し手取りは増えました。

 

ちなみに、給料の内訳はホームページ制作やECサイト制作が7割、残りの3割はWEBデザイナースクールとプログラミングスクールでの講師のお仕事です。

 

フリーランスWEBデザイナーの働き方:1日の流れ

給料が増えている分、正社員時代と比べると1日の時間のうち働いている時間は長い日が多いように思われがちですが、そのようなことは有りません。

好きな時に働けますし、一日の作業時間が3時間ほどの日もあります。

 

WEB制作をやっている日と講師業をやっている日でスケジュールは異なりますが、だいたい以下のように過ごしています。

 

■WEB制作を行っている日

 

朝6時起床

朝食後〜9:00→勉強

9:00〜12:00→仕事

13:00〜17:00→仕事

17:00以降→学習や買い物

 

■講師をやっている日

朝6時起床

朝食後〜9:00→準備

10:00〜13:00→仕事

13:00〜フリータイム

15:00〜17:00仕事

 

講師をやっている日は、授業が終わったら疲れ切ってしまっていることが多く、仕事がはかどらないのであまり仕事は行いません。

 

WEB制作を行っている日の中には納品日ギリギリで丸一日仕事をしているような日も有りましたが、最近はどのくらいの案件を並行してこなせるかも少しずつですがわかってきたので、ずっとパソコンの前で働きっぱなしという日は減りました。

 

まとめ

今回はフリーランスWEBデザイナーの働き方や給料のリアルをご紹介しました。

 

時間や場所にとらわれず様々な働き方のできるといった自由な印象が強いフリーランスですが、正社員と比べると毎月の仕事や給料が安定しないといったデメリットもあります。

 

とはいえ、働く時間や場所を選べるというのは魅力的だと思っており、自分で働き方を選びたい方にとってフリーランスは最高の働き方なのではないかと思っています。

 

スポンサーリンク

-WEBデザイン