オンライン授業

オンライン授業に最適な通信速度は?光回線とポケットwi-fiも比較

パソコンと女声

コロナ渦で大学の授業が、対面からオンライン授業に変わって自宅のネット環境を整えなければならなくなった人は多いかと思います。

 

今までwi-fiを使わなくてもモバイルデータ通信だけで事足りていたという人もいるかもしれません。

また、wi-fiはあるけど、オンライン授業が突然映像が止まってしまったり、声がプツプツ途切れたりして困っている人もいるでしょう。

 

これからwi-fiを設置しようと思っている方のために、どんなwi-fiを準備すれば良いのか必要な通信速度などを紹介します。

 

オンライン授業に最適な通信速度はどのくらい?

オンライン授業を快適に受ける為にはどのくらいの通信速度が必要なのでしょうか?

どんなwi-fiでも大丈夫なのでしょうか?

 

結論、オンライン授業に最低限必要な通信速度は1.2Mbpsの為、1.2Mbps以上出せるwi-fiがあれば問題ありません。

 

オンライン授業ではビデオチャットを使うので、最低でも通信速度は1.2Mbpsは必要です。

 

ちなみに、回線速度の単位を「Mbps」と言います。

この数値が大きいほど、1秒間に大量のデータを送信できるので、速度が速いです。速度が早いと、youtubeなどの動画を視聴する際に、止まることなく再生できたり、アプリをダウンロードする時間も速くなります。

 

wi-fi環境があれば十分なのか

ではwi-fi環境があればオンライン授業を快適に受けることができるのでしょうか?

 

ほとんどのwi-fiは最低限必要な通信速度である1.2Mbpsは超えているので、wi-fi環境があればオンライン授業を受けることはできます。

 

だたし、格安SIMのモバイルデータ通信は回線が混雑していると通信速度が遅くなるのでオンライン授業には向いていません。

 

オンライン授業に最適なwi-fiの選び方

オンライン授業を快適に受けるためにwi-fiが必要です。

では、どのようなwi-fiにすればよいのでしょうか?

 

予算や、どれくらいネット環境を快適にしたいかに合わせて紹介します。

 

授業を受ける頻度、インターネットの使用頻度が高い→無制限の回線

オンライン授業の場合、1時間で1~3GBもデータ通信料を使います。

ですので、データ通信料無制限の回線を選んでおけば、通信制限で授業が受けられないといったことはありません。

 

また、無制限の回線を選べば、オンライン授業だけでなくプライベートでネットをたくさん使うこともできます。

節約したい→スマホ割のあるwi-fi

最近、多くのスマホ会社で格安スマホと光回線のセット割が出ています。

 

コロナ渦で外出する機会も少なくなり、スマホを外で使う機会が減っているのではないかと思います。スマホ料金の見直しもかねてwi-fiとセットで契約してみてはいかがでしょうか?

 

また、電気を同時に申し込むことで電気代が安くなる回線もあります。

 

光回線かポケットwi-fiか

オンライン授業を受けるなら、固定回線、いわゆる光回線がオススメです。

 

なぜかというと、回線が安定していてかつ、容量が無制限だからです。

オンライン授業中に動画や音声が途切れてしまったら困りますよね。

 

光回線は回線が安定していて、動画や音声が途切れにくいことが特徴です。

 

ポケットwi-fiはオンライン授業を受ける際に必要な通信速度はクリアしていますが、速度がギリギリだと動画や音声が止まってしまうことが多いです。

使い物にならないようなことはありませんが、光回線と比べるとストレスを感じやすいでしょう。

 

私自身初めはポケットワイファイを使用していましたが、光回線に切り替えてから途切れることなく安定しており、途切れることなく授業を受けられるようになりました。

 

また、ポケットwi-fiはデータ通信料が無制限ではないものがほとんどです。

WiMAXという見た目はポケットワイファイと同じような見た目で速度の早い機器もありますが、特定のエリアや室内だと電波が弱いという欠点もあります。

自分が授業を受ける場所が特定のエリアに該当していなければ問題ありませんが、電波が弱い場所に住んでいる方は注意が必要です。

 

もし、ポケットwi-fiを使うのであれば広いエリアで利用でき、回線も比較的安定しているクラウドWiFiをオススメします。

ちなみにオンライン授業を受ける際に必要なデータ通信料は30~50GB前後なので、それ以上のプランを選びましょう。

 

オンライン授業を快適に受ける為の必需品ついて

オンライン授業は通信環境も大事ですが、PCや机などの環境を整えることも大切です。

では、どのような物をそろえた方がいいのでしょうか?

 

オンライン授業であると良いものについて紹介します。

 

PCやタブレット

オンライン授業を受けるのであればノートPCやタブレットPCがオススメです。

持ち運びやすく、キーボード入力ができる点が良いです。

 

もちろん、デスクトップPCやタブレットだけでもオンライン授業を受けることはできます。

しかし、オンライン授業のためだけに買うのはちょっとお金がもったいないですよね。

 

例えば家の中だけで使い、なおかつプライベートでもPCをガッツリ使うのであればデスクトップPCでも良いと思います。

タブレットも他に使う用途があれば、買ってもいいでしょう。

 

学習するデスク・チェアは体に合うものを

長時間、机とPCに向かって授業を受けるので、学習するデスクやチェアは自分にあうものを用意しましょう。

体にあった高さの椅子や机を使わないと、猫背や腰痛の原因になってしまいます。

オンライン授業は一回60分〜90分する為、自分に合った机や椅子を使用していないと体も疲れてしまします。

 

特に地べたに長時間座って授業を受けるのは、骨盤の歪みにも繋がりやすいのでおすすめできません。

オンライン授業は学習机に向かい、正しい高さの椅子に座って受けることを推奨します。

 

PCスタンドを用意しておくと快適

PCを使うと機械熱が発生します。

PC熱はPCの処理速度が遅くなったり、劣化の原因になります。

 

パソコンの劣化は、PC用のスタンドを使うことで軽減することが出来ます。

PCスタンドはキーボード部分の下に少し隙間作って熱を逃がします。

 

また、PCスタンドを使うとタイピングもしやすくなり作業効率も上がりますし、パソコンの高さも高くなるので首も疲れにくくなります。

 

まとめ

オンライン授業に必要な速度は1.2Mbpsで、wi-fiがあれば事足ります。

 

しかし、映像や音声が止まることなく授業を受けたい人は、より早いwi-fiを使った方が良いですしポケットワイファイよりも光回線を導入する方が画像が途切れにくいことは間違いありません。

 

安定して授業を受けるためにも、固定回線を契約することをおすすめします。

スポンサーリンク

-オンライン授業